カーテンガイド

カーテンを色の組み合わせで選ぶ

カーテンを色の組み合わせで選ぶ場合も、イメージと同様におおよそのカテゴリーが存在しますので参考にしてください。色の組み合わせルールを知っていると、自然とお部屋のイメージが整って見えます。


同系色
同系色

同系色のコーディネートは、同じ色相明度彩度の違うものを組み合わせる方法です。
カーテンをお部屋と同系色にすると、落ち着いた雰囲気になります。

色相: 色合い、色調のこと。同じ色相の組み合わせを同系色という。
明度: 色の明るさの度合い。眼に感じる光の強弱を示す。
彩度: 色の鮮やかさのこと。白・黒・灰色が混ざっている度合いのことで、これらが混ざっていないほど色は鮮やかになる。

カーテンをお部屋と同系色にするとオーソドックスな落ち着いた雰囲気になるので、リビングや寝室におすすめです。
類似色
類似色

類似色のコーディネートは近い色相の色を組み合わせる方法です。色の性質が似ているので、色同士がぶつかりあうことがなく無難にまとまります。
メリハリをつけるため、カーテンの色を多めにお部屋の色を少なめに、もしくはカーテンの色を少な目にお部屋の色を多めにと色の分量に注意すると色のバランスがとれます。

暖色系
暖色系

赤、オレンジ、黄色などの色を使います。暖色系の組み合わせでカーテンを選ぶと、お部屋が温かみのある雰囲気になります。

食欲が高まるのでダイニングにおすすめです。
寒色系
寒色系

グリーンやブルーなど。寒色系の組み合わせでカーテンを選ぶと、クールなイメージのお部屋になります。

鎮静作用があるので寝室や勉強部屋におすすめです。
反対色
反対色

色相学で補色といわれる反対色同士のコーディネートです。例えば黄色が多いお部屋ならば、カーテン反対色の青紫となります。また、隣り合うカーテンを赤と青緑の反対色で選ぶのも良いかもしれません。カーテン反対色の組み合わせで選ぶと、お互いの色を引き立てせることができますが、2色とも鮮やかだと刺激的になりすぎる場合があります。色の分量を考えると効果的です。

カーテン反対色の組み合わせで選ぶと、元気なイメージになるので子供部屋などにおすすめです。
同一トーン
同一トーン

トーンとは色の調子のことをいいます。彩度の高い派手なトーンのカーテンとお部屋の組み合わせならばお部屋は元気なイメージになりますし、淡いトーンのカーテンとお部屋ならばさわやかでフェミニンなイメージになります。暗いトーンのカーテンとお部屋の場合は落ち着いた大人っぽいイメージなります。カーテンとお部屋の組み合わせを同じトーンでまとめると色数が多くてもまとめやすくなります。

カーテンを同一トーンで選ぶと、オーソドックスな落ち着いたインテリアになるので、リビングや寝室におすすめです。
ページトップへ